モデルハウスが楽しいウィズワン

7月 11th, 2016

モデルハウスが楽しいウィズワン

家づくりの中で一番楽しいのが仕様決めです。
内装材や設備の色決めはとてもテンションがあがる部分でもあります。
ウィズワンでは実際のモデルルームにオフィスがあり具体的なイメージをしながら話を聞くことが出来ます。
内装材は素人にとって、大きな面積で見ないと良さがわかりづらいものです。
どんなに良いものだと説明されても体感してみなければ、良い素材を入れるメリットも感じづらいものです。
無垢の床の質感や、漆喰の質感とその空気感もリアルに体感できます。
ウィズワンでは、ロハスという一貫したテーマもあり、漆喰壁など自分たちでメンテナンスできる素材を使っているのも嬉しいところです。
また、家具も住宅として考えられているので、専属のコーディネーターさんによるトータルコーディネートもしてくれるとのこと。
モデルハウスをみればそのセンスの良さも伝わってきます。
モデルハウス兼オフィスには設計の方もいるとのことなので、疑問があればその場で聞くことも出来ます。
ウィズワンのホームページでは施工事例もあるのでイメージがしやすくとても参考になります。

ウィズワンとの出会い

7月 11th, 2016

ウィズワンとの出会い

祖父母の住んでいた家を建て直すことになって、ウィズワンという企業に出会いました。
家づくりの雑誌は多数出ていて、情報もたくさんあります。
家づくりは、一生に何度も経験するものではないし、多額の費用がかかるので誰もが慎重になることだと思います。
実際、私も図書館で本を借りたり、雑誌を購入したり、設計事務所やハウスメーカーのHPをたくさん見ました。
でも、どこがよいのか正直よくわからなくなりました。
ただ、一番重点を置いたのは信頼性でした。
そこは妥協したくないと思っていました。
なぜなら家は表面で覆ってしまえば内部の構造はまったく見えないわけですから、見えない部分まできちんと説明して施工してくれる企業でないと大変なことになります。
安さを追求すればそれなりのものになりますし、高い程いいということにもならないです。
それ相応の価値の対価としての支払いであれば、納得が出来ます。
そこで目にとまったのがウィズワンの「素材にこだわる家」という言葉でした。

家づくりで魅かれたウィズワンの想い

ウィズワンの家づくりのモットーで魅かれたのは、住む人が安心して暮らせる家、住み手の愛着が生まれメンテナンスをしたくなるような家と、住み継ぎたくなるようなデザインというところも魅力でした。
スクラップアンドビルドで作っては壊され、新しいものが良いとされてきた時代の考え方は、もはや限界に来ているように思います。
ヨーロッパでは古い家ほど価値があり、住み手自身がメンテナンスをしながら愛着を持ち、家を大切にしています。
構造や材料がしっかりしていれば、そのように住み続けることは、日本でも可能なのです。
デザインには流行りすたりがあります。
けれども良いデザインは時代を超えても残っていくのは、日本においても同じなのではないでしょうか。
ウィズワンで設計された住宅に住む
普遍的なデザインであれば長く飽きが来ない状態で、壊れた部分だけをメンテナンスしながら次の世代に引き継ぐことが出来ます。
長い目でみればその方が環境的にも経済的にもずっと優しいですよね。
こうした視点で家づくりに取り組んでいるウィズワンに興味を持ちました。

株式会社M3の健康食品

7月 11th, 2016

株式会社M3の健康食品

近所に住むとても美しい女性がいます。
何でも株式会社M3という会社の健康食品をずっと続けていらっしゃるそうです。
年齢はそれほど若くはないのですが、肌ツヤが良く健康的で姿かたちが美しいのはもちろん、会えば必ず明るく挨拶をして下さり、相手が老若男女問わず楽しいお話が出来るお人柄で、とても魅力的な人だなぁといつも感心していました。
私は、彼女から健康食品については何の話も聞いた事が無かったのですが、別のご近所に住む方から、彼女の明るさと魅力的な話術は、その健康食品を多くの人に知ってもらいたいという気持ちがライフワークになっているからなのだという話を聞きました。
平たく言えば、ネットワークビジネスとして健康食品を近所の人にもオススメしていたのでしょうね。
ただ、彼女のセールストークは商売根性が一切無く、相手の事を思いやる優しさが伝わって無理に売られている感じを受けないのだそうです。
私自身は彼女から直接話を聞いた事はありませんが、どんな健康食品なのだろうと興味を持ち、株式会社M3が商品として売っている健康食品を少し調べてみました。

予防医学を株式会社M3の目線で考える

株式会社M3が商品として売っている健康食品は、マイタケに含まれる成分に着目し、身体が元気になるはたらきをする効果や、生活習慣や食生活が乱れがちな人の健康を維持するはたらきの効果を商品に取り入れているようです。
病気にならないように予防し長生きするという観点から、これらの成分を取り入れる事を独自の予防医学として考え続けている会社のようですね。
予防医学というと東洋医学の専売特許のようなイメージがありますが、健康食品でそれを担うというのが現代独特の考え方ともいえるかもしれません。
昔から伝えられてきた食べ物や薬草などを利用した東洋医学的な予防は、正しく伝えられていない部分もあったり、簡単に手に入らない材料が必要だったり、きちんと学ばなければ実践が難しい場合もあります。
その点、健康食品ともなれば誰にでも簡単に口にする事が出来ますし、化学成分ではなく食品であるマイタケの成分となれば安心感も絶大です。
株式会社M3が考えた予防医学、ちょっと良いかもしれませんね。

他の人を幸せにする株式会社M3

ご近所の人達に健康食品を熱心に薦めていた女性が何故あんなにも美しく健康的なのかが株式会社M3について調べていたら納得出来たような気がします。
この会社の基本的な考えとして、他の人を幸せにすれば自分も幸せになれる、他の人を豊かにすれば自分も成功するという柱があるようです。
だからこそ彼女のセールストークからは商売根性が感じられず、それどころか思いやりの優しい気持ちが相手に伝わっていたのでしょう。
もちろん彼女自身がその健康食品の良さを実感しているというのもあるのでしょうけれど、ただ売りたいとか儲けたいという気持ちだけでは人の心は動かないと思うのです。
株式会社M3で働く
少なくとも私が見かけた限りでは、彼女と話をしている人達はみんなとても良い笑顔をしていました。
人を笑顔にするだけでも人を幸せにしている事だと私は思っています。
ビジネスが絡む幸せだけでなく、心も身体も健康だからこの笑顔になれるという幸せを株式会社M3は広げているのだなぁと思いました。

我が家の煙突工事その後

7月 11th, 2016

我が家の煙突工事その後

我が家の屋根から煙がもくもくと出るようになったのは、煙突工事をつい先日行ったからです。
試運転も順調で、近隣の方が心配するといけないので、薪ストーブと煙突をつけたので煙が出ることがありますと挨拶にまわりました。
一度、薪を入れ過ぎて煙が出すぎてしまったことがあり、近所の人に薪ストーブで焼いたピザを一枚ずつ配るという事態になったこともあります。
薪ストーブに必要な薪は、知人経由で購入することができるので安心していましたが、まだまだ使いなれるまでには時間がかかりそうです。
煙突工事をする業者の中には、自分でDIYでつけた煙突などは形状がわからないため、メンテナンスをするのを断るケースもあるそうです。
面倒でも、煙突工事専門の業者に一から頼むことで、長く煙突とつきあえて相談できる場所があることが大切だと身に染みています。
今度は、すすの掃除を依頼する予定ですが、自分でもできそうなら用具と普段でもできる掃除のやり方を教えてもらってがんばりつもりです。

煙突工事専門業者に話を聞く

7月 11th, 2016

煙突工事専門業者に話を聞く

薪ストーブに憧れをもち、自宅も手作りでログハウスを妻と建てました。
住宅街に土地があるため、工事中は飲食店ができるのかと見に来る人もいました。
薪ストーブの温かさを家の中に感じるために、ストーブにつける煙突の出口については煙突工事を依頼する前から何となく決めていました。
しかし、煙突の種類や取付方法など、素人が手を出して煙が出たりする事故が起きると近隣の方に不安を与えてしまうので、まずは煙突取り付けの業者に相談しました。
すると、驚いたことに薪ストーブや煙突本体よりも工事費用の方が高いのでした。
それもそのはず、屋根の形状や周囲の風の流れ、建物の構造を見た上で設置場所を決めて、煙突も4M以上など長さも考えなければいけないなど、素人には手だしできない分野だからでした。
また、すすがたまるなどのメンテナンスもしやすい構造というものがあり、屋根から煙突を出す形状が一番掃除がしやすいとのことで、設置場所と屋根の上に出すことを煙突工事の第一歩として決めました。

煙突工事いよいよ本格化

煙突工事専門業者に、自宅の煙突をつける工事を依頼してから一週間。
自分でも煙突の構造や仕組みを勉強して、煙突の材質は二重構造のものがよかったり、自宅にある薪ストーブに合う直径の煙突にしなければいけないなど、知識を得ていきました。
我が家は日本製の木でログハウスを作ったので、煙突も日本製のものがよいと依頼して、煙突を取り寄せてもらうことにしました。
煙突は海外製のものが多くある印象がありますが、日本製でも高品質で高性能な煙突がたくさんあると専門業者の方に教えてもらいました。
そして、いざ煙突工事の日。
曇り空で今にも雨が降りそうとドキドキしていましたが、屋根から煙突を入れて、家の内側からも煙突を入れて、つなげること1時間。
愛しの薪ストーブに煙突が無事つながりました。
煙突工事の業者を探す
屋根の上の煙突上部には、鳥や雨などが入って来ないようにカバーがつけられました。
ログハウスに合うようなシンプルな煙突がすっきり我が家におさまりました。
煙突工事がきちんとできているか、試運転として薪ストーブを炊いて、業者の人と眺めていました。

事業本部に特色のあるハンナン

7月 4th, 2016

事業本部に特色のあるハンナン

ハンナンには、他にもおもしろい事業本部がありますのでご紹介したいと思います。
国産事業本部は、国産牛、しかも北海道産のみの取扱いに特化した事業本部です。
生産、集荷はもちろんのこと、製品加工や販売までの流れを一貫しておこなっています。
年間で取り扱う量は、なんと35,200頭、およそ11,200トンにもおよびます。
生産、つまり肥育から、出荷できる製品となるまでの全工程に携わることで、その全ての流れを熟知している事業本部といえます。
良質な製品をつくるためには、良質な牛肉を使わなければならず、良質な牛肉を確保するためには、健康かつ良質な牛を育てることが必要になってきます。
そのための、牛の食糧の管理や環境の整備など、全てのことが純粋に「おいしい」へと繋がっていくのです。
ハンナンの経営理念の中に「食肉の安定供給を通じて地域社会に貢献する。
」というものがあります。
これはまさに、自ら生産し供給することで、私たちに安心安全でおいしい商品を届けてくれていることなのだと感じながら、私は今日もおいしくハンナンの商品をいただいています。

ハム、ソーセージ大好きな人集まれ!ハンナンについて

7月 4th, 2016

ハム、ソーセージ大好きな人集まれ!ハンナンについて

ハンナンについてご紹介する前に、唐突ですが私お肉が大好きなんです。
お肉と言ってもガッツリそのままのステーキとかではなくて、ハムとかソーセージとか、ローストビーフとか、一手間加えてある肉食品が好きなんです。
おいしい、ということはもちろんですが、そのまま食べてももちろんおいしいですし、サラダでもサンドイッチでも、野菜炒めでも煮込み料理でも、何にでもあう汎用性も大好きな理由の一つです。
そんな私の大好きなハムやソーセージを作っているハンナンという会社をご存知でしょうか。
ハンナンは本社は大阪中央区にあり、国内外あわせて15の工場と46の拠点を展開している食肉総合企業です。
アメリカ、オーストラリア、中国、韓国に海外事業本部を構えています。
創業は1947年で、すでに半世紀以上の歴史ある会社です。
その時はまだ「食肉卸浅田商店」という名前でした。
その後、株式会社阪南畜産浅田商店と改組し、現在のハンナンへと変わっていきました。

ハンナンってどんな会社

では次に企業内部についてご紹介します。
ハンナンには複数の事業本部がありますが、その中でも特に私たち消費者と関わりが深いのが加工事業本部です。
加工事業本部とは、その名のとおり、肉を加工し、肉食製品を製造している事業部です。
加工事業本部は、全国で13ヶ所に食肉製品加工工場を構えており、年間でおよそ30,000トンの加工食品を製造しています。
加工食品と一口に言っても、その種類はさまざまで、ハムやソーセージから、冷凍食品まで幅広くあります。
そういった食品を、百貨店やレストランチェーン、大手量販店などに幅広く発売をしているのです。
ハンナンの製品を紹介してもらう
みなさん誰もが一度は食べたことがあるであろう、あの牛丼チェーン店のお肉も、ハンナンで作られているものなのだそうです。
またまた個人的な話になりますが、私もあの牛丼が大好きなので、このお肉がハンナンのものだとわかった時は嬉しかったですし、だから美味しいのかもと納得感がありました。
また、ハンナンの加工事業本部は、単にレストランに製品を卸すだけではなく、そういったレストランに対してメニューの提案もおこなっています。

実際にエステタイムで施術を受けた方々の感想

6月 30th, 2016

実際にエステタイムで施術を受けた方々の感想

老舗エステサロンのエステタイムは関西で人気の美容スポット。
一度は行ってみたいと興味を持たれている方も多いと思いますが、初めての方はちょっと不安もあったりしますよね。
そんな方達の為に実際に施術を受けられた方達の声をまとめてみました。
現在関西地方に9店舗展開していて40年近くの歴史があるサロン。
どの店舗でも共通して多かったのは、スタッフの対応の良さと安心感について満足したという声。
いつも笑顔で感じが良く気さくに話しかけてくれる。
説明も施術もとても丁寧で安心できた。
お店の雰囲気が明るく和やかでリラックできる。
そんな声が多かったです。
また美顔、痩身、脱毛等様々なコースが揃っているのですが、口コミから脱毛コースを受けられている方がとても多いように感じました。
脱毛の際にはスタッフが声を掛けてくれ不安を取り除いてくれたり、技術的にもだんだんと毛が減ってきているので嬉しいと言った声が多く、脱毛コースはとても人気があるようです。
また痩身コースについても少しづつ体重が減ってきている。
お腹周りがすっきりしてきた。
などなど喜びの声が沢山ありました。
多くのお客様が雰囲気の良さと技術の確かさを口コミされているエステタイム、関西で人気のサロンというのは頷けますね。

エステタイムで美に磨きをかければさらに楽しい夏を過ごせるかも

6月 30th, 2016

エステタイムで美に磨きをかければさらに楽しい夏を過ごせるかも

関西地方でエステサロンに行くなら、創業1977年の老舗エステタイムがお勧め。
お客様第一主義の経営スタイルを創業当時からのモットーとしていて、医療機関とも連携しており、スタッフ全員資格保有のプロ、とても安心できるサロンなんです。
またエステタイムでは、女性に嬉しい魅力的な美容サービスメニューが豊富に揃っているのも人気の理由。
全身脱毛、部分脱毛、痩身、美顔、美白コースなどのメニューがあり、お客様一人一人の要望に沿えるよう細かいコースメニューに分けられています。
全般的にエステサロンにしては価格帯は比較的お手頃な方だと思います。
これからの時期ならやっぱり脱毛はやっておきたいメニューの1つですよね。
とってもお得なキャンペーンもやっていて、初めての方はまずこのキャンペーンを試してみるのが良いかもしれません。
紫外線が強いこの時期、シミソバカスも心配なので美白コースに興味がある方は多いのではないでしょうか。
エステタイムで美しさに磨きをかけて自分に自信が持てたら、本格的な夏を思いっきり楽しめちゃうかもしれませんね。

エステサロンの老舗エステタイムの安心の理由

6月 30th, 2016

エステサロンの老舗エステタイムの安心の理由

主に関西地方で人気のエステサロン、エステタイムをご存知でしょうか。
まだ日本でエステサロンがこれほど一般的になっていなかった1977年創業の老舗のサロンなんです。
創業当時からのモットーは徹底したお客様第一主義。
来て良かった、選んで良かったと思って頂けるようなサービスを提供するのがこのサロンのモットー。
専門的な知識、技術、商品を各医療機関と連携することにより実際のサービスにも活かしています。
きちんと教育されたスタッフ全員はプロとしての資格を保有。
40年近くの間培ってきた経験と技術は信頼性が高いですよね。
また入会金や年会費など一切不要、無理な勧誘をすることもなく、お客様一人一人の要望に合わせたコースやプランについて納得いくまで相談することができます。
エステタイムに毎週通う
その際の相談、見積もりにも費用はかかりません。
エステサロンに通ってみたい女性は多いと思いますが、無理な勧誘や提案をされてしまうのではないかという不安な気持ちがあって躊躇してしまったりするんですよね。
そう言った意味でもエステタイムはとても安心感があって、初めての方でも気軽に行ってみることができるサロンではないかと思います。